シーレックスの考え方
TOP > シーレックスの考え方 > リスクベース メンテナンス

リスクベース メンテナンス

risk0830

多くの施設では、設備機器のメンテナンススペックは画一的な定期保全が殆どであり、故障の発生確率(壊れやすさ)や被害の大きさ(お客様への影響度)に応じた保全方法にはなっておりません。

リスクの大きさ=故障の発生確率×被害の大きさ

同一基準、同一周期で行うメンテナンススタイルは無駄が多く、高額な保守料金が発生する要因となります。

各機器のリスクの大きさを評価し、許容できるリスクレベルとなるようメンテナンススペックを再構築することにより、品質を落とさない合理的な施設管理が可能となります。

 

シーレックス株式会社
本 社
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-3-9 高木ビル5F
MOODY
ページトップへ